ペンとサイコロ

 

謝辞と背景
このゲームはクラウドファンディングサイト「CAMP-FIRE」にて出資を募り、出資(≒事前予約)が規定数を超えたため、商品化となったゲームです。(ルールブックには出資いただいた方々のリストを記載しています)

 

ストーリー
「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」とは、高杉晋作が唄ったとされる都々逸(どどいつ)の歌詞です。
(「主と『添い寝が』してみたい」であったとも)
歌は遊郭の遊女に宛てたもの。

「烏が鳴けば私は帰らないといけない。ならば世界の烏を全て殺してでも、お前とゆっくり朝を迎えたいものだ」そんな心境を唄っています。
明日をも知れぬ志士の身、遊郭で戯れても、烏が鳴けば帰らなければいけない。
ならば世界の全ての烏を殺しても、現を忘れて過ごしたい。

なんと狂おしく壮絶な恋の歌でしょう。

 

このゲームでは貴方は遊郭の「客」です。
鳥が鳴けば遊郭から帰らなければいけないので、鳥を殺して鳴かせないようにしてください。
最後まで遊郭に残れた客(プレイヤー)が勝ちとなります。

三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい SANZEN SEKAI – I’d kill all the crows in the world to be wi

¥2,500価格
  • ゲームの概要

    プレイ人数:2~4人

    プレイ時間:15分程度

     どんなゲーム?

    (画像③)ゲームでは攻撃対象である「鳥」カード、アイテムである「三味線」カードを使用します。

    (画像④)ゲームには4種類の「鳥」カードが登場します(このゲームでは蝙蝠も「鳥」と考えます)

    (画像⑤)ゲームの敗北条件プレイヤーの手番終了時に、「メインボード」の数以上、「鳥」がいると鳥が鳴いて「帰宅」となります。

    ゲーム中の時間により、「鳴く」鳥の数は変化します。

    現在の時間と敗北条件はメインボード中に示され、時間は「鐘」が出ると進みます。

    (画像⑥)プレイヤーは手番ごとに、「鳥」カード3枚、「三味線」カード2枚を引きます。増え続ける「鳥」を、「三味線」を上手く使って殺すか、人に押しつけるかしてください。

     

    ・プレイ動画

    「浅木」さんによるルール紹介&プレイ動画

    ヘタリアキャラによる紹介、プレイ動画。2:15からのルール紹介はイラストで非常に分かりやすいです。

     niconico

    「まじん」さんによるルール紹介&プレイ動画

     YouTube

     niconico

     

© 2020 ディスカバリーゲームズ Wix.comを使って作成されました